シミの主な原因は、紫外線をあたることによって増えるメラニン色素が要因なのはよく知られています。

その対策として多くの人が行っているのが、日焼け止めクリームを塗ったり、日傘やサングラスなどを使っています。それで十分のような気持でいましたが、シミ対策はそれだけでは十分ではないようです。

NHK『あさイチ』に皮膚科医の吉木伸子先生が出演されて話されていたのが、紫外線対策も大切ですが、その前にお肌を傷つけないことも重要だと言っていました。

特に、洗顔の際に強く擦ってしまうと摩擦によってお肌が炎症を起こしてしまい、紫外線を浴びたときにシミを作りやすくしてしまうそうです。お肌はデリケートなんですね。

洗顔の時は、皮膚が比較的厚いTゾーンからはじめて次にUゾーンを洗うようにし、クレンジング剤は現在ざまざまなものが販売されていますが、リキッドタイプやや拭いて化粧を落とすシートなどは摩擦で肌トラブルになりやすいので避けた方がいいとのことでした。

おススメのクレンジング剤は、顔や手の間のクッションの役割もしてくれるクリームやジェルタイプを選ぶと良いそうです。

クレンジングをするときは、手の指をますぐに伸ばすのではなく、顔を包むようにして優しくなじませる程度でOkでなんだそうです。水で洗う時も擦らないように気を付けましょう。

洗顔が終わった後の化粧水も手で優しく抑えるようにし、強く抑えたり、叩くなど物理的刺激は与えないことが大切なんだそうです。