大腸ガン予防に効果的な食べ物

国立がん研究センターが予測した日本人が多いガンのトップは大腸ガンです。近年急激に増えていると医療の専門家も指摘をしており、その大きな原因が欧米化の食生活の変化ではないかと言われています

昔の日本人の食生活は、魚、野菜、米が中心の食生活でしたが、近年は、肉や乳製品の動物性のたんぱく質や脂肪を良く食べることがおおくなり、それが腸内に悪玉菌を増やすことになり腸内環境を悪化させてしまいます。すると、発がん性物質を発生させ大腸ガンのリスクを高くしてしまいます。

豚肉と牛肉などの赤身の肉は1日70gが適量、1週間で500g以上食べると大腸ガンのリスクが高まると言われています。

また、、大腸ガンは初期症状がほとんどありません。ガンが進行すると、下痢や便秘を繰り返したり、便が細くなるや血便や血尿がでるなどの症状がでます。

大腸ガン予防に効果的な野菜

にんにく、キャベツ、大豆、玉ねぎ、にんじん、ピーマン、カリフラワー、トマト、なす、ブロッコリー、きゅうり、じゃがいも、マスクメロン、バジル、ターメリック、あさつき、オレンジ、グレープフルーツ、ベリー、レモン

中でも特にトップはニンニク、ニンニクに含まれる成分がガンの増殖を抑え消滅させる効果があると研究で報告されています。ニンニクオイルなど加熱するとより効果的です。

ページの先頭へ