ガンは何故発病するのか

日本人の2人に1人が発症すると言われているガン。

人のカラダは約60兆の細胞から出来ています。この細胞は毎日分裂を繰り返し生まれ変わっています。ところが、その時に遺伝子に異常を持った細胞が発生します。それがガン細胞です。

しかも、この遺伝子に異常をもったガン細胞は1日に5000個も発生していると言われています。そう聞くと本当に恐ろしくなります。

ですが、私たちのカラダにはガンと闘ってくれる免疫細胞が備わっているのです。ガン細胞を見つけると免疫細胞がすぐに攻撃をはじめガンをやっつけてくれるのです。

しかし、年齢と共にこの免疫細胞は防御機能が低下し衰えてしまい、排除しきれないガン細胞が残りドンドン増えていくのです。

分裂を繰り返して約1cmのがん細胞になるには、10年から20年かかり、1cm~2cmに育つまでは約2年で育つと言われています。

ページの先頭へ