インスリン抵抗性改善薬の働き

インスリン抵抗性改善薬は、肝臓や筋肉でのインスリンの働きを活性化させてインスリンの効きを良くすることで、ブドウ糖のエネルギー消費量を増加させる効果があります。インスリンの働きが活発になれば、筋肉でブドウ糖がエネルギーとして効率良く取り込まれるようになったり、糖新生という肝臓でのブドウ糖の新たな生成も抑制することができ、血糖値を上昇を防ぎます。

また、内臓脂肪の溜まった肥満の方は、脂肪からサイトカインというインスリンの効きを悪くする物質が放出されているのですが、インスリン抵抗性改善薬を服用することで脂肪を減らすことができるので、インスリンの働きを活性化させて、効きやすい状態に改善してくれるのです。

インスリン抵抗性改善薬の使用目的

インスリンの働きを活性化させてインスリンの効きを良くする効果があるインスリン抵抗性改善薬を服用すると、ブドウ糖の消費量を増加させて血糖値を低下につなげることができることから、インスリンの働きが弱ってしまっている方がインスリンの働きを改善するために服用されている治療薬です。

特に、このインスリン抵抗性改善薬を服用しなければならないのが、内臓脂肪がたっぷり溜まっている肥満体質の方と言われています。肥満の方は、脂肪から放出されているサイトカインという物質によってインスリンが働きが弱って効きにくい状態なっているため、インスリン抵抗性改善薬が治療に用いられるのです。

インスリン抵抗性改善薬の副作用

インスリン抵抗性改善薬を服用することで見られる副作用として、むくみや太りやすくなって体重が増えるなどが挙げられます。特に、女性に多く見られる副作用なので、女性の方が服用する際には、注意が必要ですし、心臓に病気を持っている方も、むくみの症状が悪化すると心臓に負担がかかるので、注意しなければなりません。

また、肝障害を引き起こす場合もあるので、必ず病院で定期検査を受けるようにしましょう。あと、インスリンの働きを活性化させると言っても、インスリンの分泌量を増やすわけでなないので、インスリン抵抗性改善薬のみの服用では、低血糖になるというわけではありません。しかし、他の糖尿病の治療薬と併用する方は注意する必要があります。




スポンサーリンク



スポンサーリンク