育毛シャンプーの種類

普段、いつも私たちが使用している一般的なシャンプーは、高級アルコール系のシャンプーと言われるものが多く、基本的には洗浄能力が高いと言われています。

洗浄能力が高いのは良いのですが、中には洗浄能力が高すぎて必要以上に頭皮表面の皮脂を取り除いてしまいます。

ですから、頭皮が乾燥気味の人や敏感体質の人は、使いすぎると頭皮が炎症を引き起こす場合があり、その結果、抜け毛や薄毛へと進行することがあります。

ですので、育毛シャンプーとは別のものだと考えてたほうが良いでしょう。

育毛を目的に使用するなら刺激の弱いアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーや石鹸の成分が入っている育毛シャンプーがおすすめです。

では、石鹸の成分が入った育毛シャンプーとアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーについて見ていきましょう。

まず、石鹸の成分が入った育毛シャンプーは、無添加で天然の成分を使って製造されているので、刺激が弱いという性質があります。そのため、敏感体質の人には良いと思います。

ただ、洗浄能力がかなり高いため皮脂を取り除きすぎてしまうので、頭皮が乾燥している人向きではありません。

また、天然成分なので体には良いのですが、髪の毛がパサついた感じになり仕上がりはあまり良く見えません。

では、頭皮が乾燥している人はどんな育毛シャンプーを選べば良いかというとアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーがおすすめです。

アミノ酸の成分が入っている育毛シャンプーは、石鹸の成分が入った育毛シャンプーと同じようにかなり低刺激なシャンプーです。敏感体質の方には向いています。

しかし、石鹸の成分が入った育毛シャンプーに比べて、洗浄能力が少し抑えられて、石鹸の成分が入った育毛シャンプーほどの洗浄能力はありません。

ですが、洗浄能力が劣る分、皮脂を取り除きすぎないである程度の皮脂を頭皮に残してくれます。

ということは、頭皮の乾燥を防ぐことができるので頭皮が乾燥している人に向いています。洗浄能力が劣ると聞いて少し不安になるかと思いますが、十分に頭皮の汚れは落としてくれるので安心してください。

このように、育毛シャンプーには石鹸の成分が入った育毛シャンプーとアミノ酸の成分が入った育毛シャンプーの2種類あります。

どちらも低刺激なので、皮脂の多い人は石鹸の成分が入っている育毛シャンプー、頭皮が乾燥している人はアミノ酸の成分が入っている育毛シャンプーを選べば良いでしょう。

このように、育毛シャンプーを選ぶ時は、自分の頭皮の状態を知って頭皮に合ったシャンプーを選び使うと良いですね。



育毛シャンプーの正しい使い方

育毛シャンプーの正しいやり方で毎日きちんと頭皮の汚れを洗い落とさないと、汚れが毛穴につまって育毛の妨げになってしまうので注意が必要です。

まず、育毛シャンプーで頭を洗う前に、しっかりとお湯で頭皮と髪の毛の汚れを洗い流します。次に、適量のシャンプーを手にとって泡を立ててからシャンプーしましょう。

決して、手に取ったシャンプーをいきなり頭皮や髪の毛に付けないようにしてください。最初は髪の毛の汚れを落とすために髪の毛だけを洗います。

そして、髪の毛の汚れを洗い流せたら、今度は頭皮の汚れを落とすために頭皮を洗います。ここで注意して欲しいのは、シャンプーをする時は指の腹を使うようにします。

なぜなら、もし、指の腹を使わずに指を立てて洗おうとすると、どうしてもつめが頭皮に当たってしまい、つめが頭皮に当たって引っかいてしまうと、頭皮を傷つけてしまい育毛に悪影響を及ぼしかねません。

また、シャンプーで頭を洗う時は、力を入れすぎずに軽く揉みほぐすようにしてください。イメージとしては、ひらがなの「の」という字を書くような感じで、軽く回すようにマッサージするように洗いましょう。

さらに、シャンプーでは出来るだけ時間を掛けて洗い、頭皮の洗い残しがないように気をつけないと、頭皮が炎症を起こし健康状態が悪化する原因なりかねません。

このように髪の毛と頭皮を2回に分けてしっかりと2度洗いしたら、最後は髪の毛の水分をキレイに拭き取ってしまいましょう。

髪の毛は濡れた状態に弱く、育毛の妨げになってしまうので丁寧に拭き取ってください。




スポンサーリンク



スポンサーリンク