年齢を重ねてきた40代後半になると老眼が始まり、50代になると目がぼやけて見えずらくなることが増えてきます。

そうなると、心配になるのが白内障です。私は、母が60代で白内障になり手術をしていたので、目が見えにく辛さは多少は知っているもりでした。

しかし、先日テレビを見ていたら三井記念病院の眼科部長である赤星隆幸先生が出演しており、白内障が認知症に進んでしまう事があると話していました。そんな白内障が現在どんな治療が行われているのかまとめています。

白内障について

白内障は、目の中にある水晶体が加齢などによって濁ってきて見えなくなってしまう病気。

年齢を重ねると誰にでも起こる病気と言われていますが、特に強度の近視の人は白内障になりやすいと言われています。

白内障が初期の段階では症状に気が付く人は少なく、白内障が進行した時、白っぽく霞んで見えたり、二重に見える、まぶしいなどの症状が現われます。

そして、最終的には水晶体が真っ白になってしまい全く見えなくなってしまいます。

この白内障がどうしてうつ病を発症してしまう原因となるのでしょうか?

赤星先生の話によると、私たち人間や動物などが感知する視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感の情報は目から入ってくると言われていて、目から入ってきた情報が脳を刺激しているそうです。

ですが、白内障になると目から情報が入ってこなくなってしまいます。すると、うつ病や認知症に進んでしまうケースがあるのだそう。

実際に、研究データーでも白内障になって視力が低下すると、認知症のリスクが2倍になると報告されているそうです。

年齢とともに発症リスクが高くなる白内障ですが、現在、どんな治療方法があるのでしょうか。

白内障の治療方法

白内障で行われている治療方法は点眼薬などの薬と手術になります。

眼科から処方される点眼薬は白内障の進行を抑えるには有効ですが、水晶体を透明に戻すことはできません。

その為、日常生活に支障が出てくると手術が唯一の治療方法になりますが、実は白内障の手術をすると老眼も治ってしまう手術があるそうです。

白内障のレンズの種類で老眼も治る!

白内障の手術の方法は、濁っている水晶体をきれいに取り除いて、新しい人口的なレンズをいれます。

その時入れるレンズの種類は現在2種類ありますが、特徴が違います。そのレンズの選択によって白内障も老眼も治ってしまうのです。

単焦点レンズ
遠距離・近距離どちらかにピントが合うもの。※保険適用が可能。両目で約10万円。ですが術後は老眼鏡などのメガネが必要になります。
多焦点レンズ
遠距離・近距離両方にピントが合うもの。老眼鏡のめがねは必要なくなります。※3重焦点の場合保険適用外手術になるので両目で約100万円かかります。

レンズはその人のライフスタイルに合わせて選ぶのが好ましいです。

ただし、一度入れたレンズは簡単に交換はできません。一生使用することになりますので主治医としっかり相談して決める必要があります。

白内障の手術方法

目の手術と聞いただけで、痛いのではないだろうか・・・。見えなくなってしまったらどうしよう。など不安になります。

ですが、白内障手術は全国で一年間に140万件も行われているとてもポピュラーな手術なんだそうです。

以前は、麻酔は眼球に注射で行っていましたので患者の負担も大きかったのですが、現在は点眼による麻酔で手術が行われているにので痛みがなく患者さんにかかる負担が軽減されました。

手術は、ストローよりも細い器具を使って濁った水晶体を細かく割ります。

さらに、超音波でその水晶体を細かく砕き、ストローのようになっているのでそのまま吸引して濁った水晶体をきれいに取り除きます。

そこに真径6mmの眼内レンズを丸めてたたみ、1,8mmの切り口から入れます。

傷口は最小限に抑えられるので縫合の必要がありません。

同じように、両目行い手術は完了です。手術時間は15分位で終わってしまいます。

術後、直ぐに見えるようなり、その日に帰宅することができるそうです。

術後は、約2週間点眼薬をさし、その間は定期的に診察を受ける必要があります。




スポンサーリンク



スポンサーリンク